Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ウラシマツツジ

ウラシマツツジ (浦島躑躅)
Arctous alpinus var. japonicus
 ウラシマツツジは、雪解け後にいち早く花をつけるツツジ科の植物で、葉の展開前にクリーム色の壺型の花を数個咲かせるため、まだ緑が芽吹く前の高山ではひときわ目立ちます。そして秋には濃紅色に紅葉し、再び山をあざやかに彩ります。6月の早池峰山では、山頂から小田越に下る途中の道で、イワウメとともに花を咲かせていました。9月中旬の白馬岳では、山頂から白馬大池に下る稜線で、早くも紅葉したウラシマツツジがイワウメの濃緑色のマットとの鮮やかなコントラストを見せていました。
■撮影地別
 ○岩手県早池峰山
 ○長野県白馬岳(紅葉)

■クローズアップ

■群落
1997.6.14 岩手県早池峰山
            2002.9.16 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant