Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タテヤマウツボグサ

タテヤマウツボグサ (立山靫草)
Prunella prunelliformis
 タテヤマウツボグサは本州の高山に分布するウツボグサの仲間です。平地から山地にかけて生えるウツボグサにくらべると全体に大ぶりで、花冠一つ一つの大きさは倍ほど、色も濃い紫色で、いかにも高山植物という特徴を持っています。大きな花穂のせいか、たいてい倒れて地面にはうようにして花をつけています。花はとれやすく、写真を撮る際によけいな枯れ草などをどけようとして触ると、すぐにポロポロと落ちてしまいます。八方尾根では上部から唐松岳にかけて普通に見ることができます。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根
 ○長野県白馬岳

クローズアップ

■群落
2003.8.16 長野県八方尾根
             2007.8.18 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant