Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ウツボグサ

ウツボグサ (靫草)
Prunella vulgaris
 群馬・新潟両県の県境にある三国峠(標高1,224m)は、古くから関東と北越を結ぶ峠として人々に利用されてきました。戦国時代には関東制覇をめざす上杉謙信が7回にわたってこの峠を越えて関東地方に進出しました。当時の街道は今ではハイキングコースとなって登山客に親しまれています。8月下旬、三国峠にある三社御坂神社でひと休みしていると、足もとに咲くウツボグサを見つけました。その名は、円筒状の花序が武士が矢を収納するのに使っていた「靫」に似ていることからついたものです。
■撮影地別
 ○滋賀県伊吹山
 ○群馬県三国山
 ○岩手県大迫町

クローズアップ

群落
2005.6.25 滋賀県伊吹山
Before Plant   Next Plant 1992.7.30 岩手県大迫町
             2003.8.24 群馬県三国山