Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タテヤマギク

タテヤマギク (立山菊)
Aster dimorphophyllus
 タテヤマギクはフォッサマグナ要素の植物の一つで、丹沢をはじめとした神奈川県西部のほか、静岡県や東京都にも分布します。「立山」とつきますが、富山県の立山には分布しません。山地の林下に生え、丹沢では沢すじでとくに多く見られます。全体のふんいきはシラヤマギクを小さくしたようなかんじですが、特徴的なのは頭花の舌状花のつき方で、写真でもわかるように他の野菊のように均等にならばず、てんでに間隔をあけてつくため、なんとも行儀の悪い咲きかたとなっています。
■撮影地別
 ○神奈川県丹沢
 ○神奈川県金時山

クローズアップ

■群落
2004.9.4 神奈川県丹沢
             2004.9.12 神奈川県金時山
Before Plant   Next Plant