Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タカネコンギク

タカネコンギク (高嶺紺菊)
Aster viscidulus var. alpinus
 9月中旬、秋の花が満開となった北岳の広河原周辺を散策しました。まずは登りが続く白根御池小屋へのルートをとりました。2時間ほどの樹林下の急登のあと、ようやく道がゆるやかになったところでタカネコンギクがあらわれました。ハコネギクの高山型の変種で、南アルプスに分布します。母種と異なり、茎の先端につく頭花は普通1つだけで、花の色も濃いようです。写真は亜高山帯のものですが、高山草原に生えるものは高さが低くなり、花つきも少なくなる傾向があります。
■撮影地別
 ○山梨県北岳
 ○山梨県鳳凰三山

クローズアップ

■群落
 1992.9.18 山梨県北岳
             2006.9.8 山梨県鳳凰三山
Before Plant   Next Plant