Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハコネギク

ハコネギク (箱根菊)
Aster viscidulus
 大菩薩峠は中里介山の著書「大菩薩峠」で広く知られる峠で、約3時間と比較的短い時間でまわることができ、道はゆるやかで見晴らしもよいことから、気軽なハイキングコースとして親しまれています。7月下旬、峠と大菩薩嶺を結ぶ稜線では早くもハコネギクが花をつけていました。ハコネギクは山地の草地などに生える野菊で、その名の由来となっている箱根駒ヶ岳では山頂の風衝地で見ることができます。箱根駒ヶ岳のハコネギクの花は白色でしたが、大菩薩峠で見たのは青紫色の花ばかりでした。
■撮影地別
 ○山梨県大菩薩峠
 ○神奈川県金時山

クローズアップ

■群落
1999.7.31 山梨県大菩薩峠
           2004.9.12 神奈川県金時山
Before Plant   Next Plant