Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > タカクマヒキオコシ

タカクマヒキオコシ (高隈引き起こし)
Plectranthus shikokianus var. intermedius
 鹿児島県にある高隈山の名前がついた植物といえば、タカクマミツバツツジやタカクマホトトギスなどいくつか名前があがりますが、高隈山に特産するこれらとちがい、タカクマヒキオコシは本州関東地方以西の太平洋側と、四国・九州に広く分布する種類です。秋の山野では紫色の花をつけるシソ科の植物は多く、なかなか見分けにくいところがありますが、別変種のサンインヒキオコシは日本海側の分布ですし、属の異なるヤマハッカとは、葉が大きく細長いことなどで区別することができます。
■撮影地別
 ○静岡県浜松市


クローズアップ

■群落
2009.10.18 静岡県浜松市
            2010.10.10 静岡県浜松市
Before Plant   Next Plant