Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ソクズ

ソクズ
Sambucus chinensis
 夏のいちばん暑いころ、道路わきのヤブや林縁でソクズが人の背丈ほどにのびて、白い花を咲かせているのをよく目にします。遠目にはセリ科のようにも見え、羽状複葉の葉もセリ科に似ていますが、直径3〜4mmの小さな花はつけねまで切れこむものの、よく観察すると花ごとポロッと落ちる合弁花で、セリ科ではないとわかります。ニワトコと同属で、別名の「クサニワトコ」のとおり、こちらは草本です。ソクズはおもしろいことに花は蜜を出さず、花序にポツポツとつく「腺体」がその役割を担っています。
■撮影地別
 ○愛知県新城市


クローズアップ

■群落
2012.8.12 愛知県新城市
             2012.8.12 愛知県新城市
Before Plant   Next Plant