Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ニワトコ

ニワトコ
Sambucus racemosa ssp. sieboldiana
 ニワトコというと、葉の構造を顕微鏡で観察するとき、断面をカミソリでうすく切るためにはさむのに使うピス(髄)として使っていたのを思い出します。ニワトコの枝は中心部が発泡スチロールぐらいのかたさの髄になっており、これを取りだしたものがピスにされていました。今も同じように使われているかはわかりません。高さ6mほどになり、3〜5月、直径4〜5mmのクリーム色の小さな花を円錐状にたくさんつけます。林縁に生え、特徴のある大きな羽状複葉で気づくことが多いように感じます。
■撮影地別
 ○神奈川県座間市


クローズアップ

■群落
2012.4.21 神奈川県座間市
            2012.4.21 神奈川県座間市
Before Plant   Next Plant