Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シロバナカモメヅル

シロバナカモメヅル (白花鴎蔓)
Cynanchum sublanceolatum
var. macranthum
 シロバナカモメヅルはアズマカモメヅルの別変種に当たり、赤茶色の花をつけるアズマカモメヅルに対し、名前のとおり花が白いのが特徴です。背の高い植物の多い夏山では、小さなシロバナカモメヅルの花までなかなか目がいきませんが、よく見ると、細長い花冠の裂片の先端はわずかに横に曲がっていて、ちょっと風車を連想させるおもしろいかたちをしています。8月、尾瀬の山の鼻にある見本園を散策していると、他の植物にからみついて登り、花を咲かせるシロバナカモメヅルが見つかりました。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬
 ○石川県金沢市

クローズアップ

■群落
1995.8.6 群馬県尾瀬
             2002.9.14 石川県金沢市
Before Plant   Next Plant