Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シラゲキクバクワガタ

シラゲキクバクワガタ (白毛菊葉鍬形)
Pseudolysimachion schmidtianum
ssp. schmidtianum f. candidum
 礼文島に分布するキクバクワガタは茎や葉に白い毛が多く、うっすらと全体が白っぽく見えるほどで、シラゲキクバクワガタと呼ばれています。島の南部では、草があまり生えないガレた斜面に生え、6月ごろに穂状の花序をのばして青紫色の花を多数つけます。花の時期でも高さ20cmぐらいの小さな植物です。気をつけて歩いていれば、白花品も見つけることができるでしょう。名前に「キクバ」とつきますが、切れこみの深い葉を菊の葉にたとえたものです。
■撮影地別
 ○北海道礼文島
 ○北海道礼文島(白花)

■クローズアップ

■群落
2004.6.18 北海道礼文島
            2004.6.18 北海道礼文島
Before Plant   Next Plant