Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シブカワニンジン

シブカワニンジン (渋川人参)
Codonopsis lanceolata var. omurae
 静岡県西部の旧引佐町の山あいには蛇紋岩地の露頭があって、周辺ではその土質の影響を受けた植物が知られています。「渋川」の名を持つものとしては、シブカワシロギクとシブカワニンジンが挙げられるのですが、あるところでは群生もする前者にくらべると、シブカワニンジンはあまり多くないようです。シブカワニンジンはツルニンジンの変種とされ、花は母種と変わりありませんが、蛇紋岩変性を受けた植物の例にもれず、葉がやや細長い傾向があり、また、葉の裏に毛が密生する特徴があります。
■撮影地別
 ○静岡県浜松市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2010.10.10 静岡県浜松市