Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シャクジョウソウ

シャクジョウソウ (錫杖草)
Monotropa hypopitys
 シャクジョウソウは、ギンリョウソウと同様に光合成を行わない従属栄養性の植物で、一つの花茎にいくつもの黄色の花をつけるのが特徴です。尾瀬ではギンリョウソウと同じような環境でみることができますが、低山にも生えるギンリョウソウに対し、シャクジョウソウが分布するのは深山に限られ、また、花期もやや遅いようです。尾瀬ではそれほど数の多くありませんが、富士山のお中道では、同じイチヤクソウ科のコイチヤクソウコイチヤクソウとともに、針葉樹林下でよく見かけます。
■撮影地別
 ○群馬県至仏山
 ○山梨県忍野村(果実期)

■クローズアップ

■群落
1998.8.8 群馬県至仏山
           2015.7.19 山梨県忍野村
Before Plant   Next Plant