Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > セイヨウヒルガオ

セイヨウヒルガオ (西洋昼顔)
Convolvulus arvensis
 セイヨウヒルガオは、6月に入って日ざしもだんだん強くなり、夏を感じさせるようになったころに花をつける帰化植物です。ヨーロッパ原産で当初は鑑賞目的で導入されましたが、今では道ばたや海岸などで普通に見かけるようになりました。もっとも見る機会が多いのは線路の周辺で、日当たりがよく水はけのよい環境が好適なのか、一面に広がって白い花をたくさんつけています。花はコヒルガオよりもさらに一回り小さく、花の色はわずかにクリームがかった白です。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


クローズアップ

■群落
2003.6.18 神奈川県鎌倉市
            2003.6.18 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant