Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マルバルコウ

マルバルコウ (丸葉縷紅)
Quamoclit coccinea
 神奈川県立フラワーセンター(大船植物園)のまわりを散歩していたところ、フェンスにマルバルコウがからみついて花を咲かせているのに出会いました。園内で栽培されていたものから種がこぼれ落ちて周囲に広がったものでしょう。ルコウソウよりも花は少し小さめで直径1.5〜2cm、色はやや明るめの朱色といったところです。マルバルコウの葉はヒルガオ科にありがちなスペード型なので、ルコウソウと迷うこともありません。ルコウソウ属の場合、ヒルガオよりも、雄しべ・雌しべが大きくとびだします。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市
 ○茨城県

クローズアップ

群落
2006.11.3 神奈川県鎌倉市
            2006.11.3 神奈川県鎌倉市
Before Plant   Next Plant 2013.9.24 茨城県
表紙によせて「マルバルコウ」