Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオキンケイギク

オオキンケイギク (大金鶏菊)
Coreopsis lanceolata
 5〜6月ごろ、道路の法面や線路沿いでよく目にする黄色の花の1つにオオキンケイギクがあります。同じような環境に生えるブタナとちがい、舌状花がぐるっと周囲をかこむ、ヒマワリのようなかたちの頭花は直径5〜7cmもあってよくめだちます。北アメリカ原産で、園芸用途に持ちこまれたのでしょうが、繁殖力が強く、あちこちに逸出して全国に広がってしまいました。今では特定外来生物に指定されており、栽培だけでなく、植えたり種をまいたりすることが法律で規制されています。
■撮影地別
 ○長野県軽井沢町


クローズアップ

■群落
2014.6.15 長野県軽井沢町
          2014.6.15 長野県軽井沢町
Before Plant   Next Plant