Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオガンクビソウ

オオガンクビソウ (大雁首草)
Carpesium macrocephalum
 ひさしぶりに目にしたオオガンクビソウの印象は、やっぱり大きい花だなあというものでした。なにしろ頭花のサイズは3cm前後、ガンクビソウの4〜5倍はあるでしょうか。これではもはや「雁首」というよりも「パイプ」といったおもむきで、なんだか動物の目玉のようですらあります。この仲間としては分布は北寄りで、本州の中部地方以北と北海道の山地に生えます。高尾山ではいろはの森コースなど、やや湿りけのある登山道ぞいの樹林下でも見られ、独特の存在感を示しています。
■撮影地別
 ○東京都高尾山


クローズアップ

■群落
2014.8.15 東京都高尾山
             2014.8.15 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant