Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オオバノヨツバムグラ

オオバノヨツバムグラ (大葉の四葉葎)
Galium kamtschaticum var. acutifolium
 初めての暑寒別岳は、目覚めると空は快晴、気持ちのよいスタートとなりました。箸別コースはなだらかで足どりも軽やかです。歩きはじめてすぐ、左右にはオオバノヨツバムグラがあらわれました。エゾノヨツバムグラの別変種で、全体に大きく30cmくらいになり、葉の先はとがりぎみとなるのが特徴です。北海道から本州の中部地方までと、四国の一部に分布します。前日の夕張岳では、同じような環境には近縁のミヤマキヌタソウばかりありましたが、山によって種類が変わるのが不思議なところです。
■撮影地別
 ○北海道暑寒別岳


■クローズアップ

群落
2006.7.9 北海道暑寒別岳
Before Plant   Next Plant 2006.7.9 北海道暑寒別岳