Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ノブキ

ノブキ (野蕗)
Adenocaulon himalaicum
 ノブキの名前はあってもフキと近縁ではないのですが、丸っこい葉がフキに似ていることからついたものでしょう。でも、葉のふちは波うっていて、いささか雰囲気はちがいます。花は8〜10月に咲き、長い花序に白い頭花をまばらにつけますが、フキに比べるとずっと地味で、生える場所がうす暗い樹林下ということもあって、ハイカーには花が咲いていることもなかなか気づいてもらえません。写真は三ツ峠山の標高1,500mほどのところで撮影しましたが、三浦半島の丘陵地でも普通に見ることができます。
■撮影地別
 ○山梨県三ツ峠山
 ○長野県八ヶ岳

クローズアップ

■群落
2001.8.20 山梨県三ツ峠山
              2006.8.1 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant