Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ネムロシオガマ

ネムロシオガマ (根室塩竃)
Pedicularis schistostegia
 高山に生えるシオガマギクの仲間は紅紫色の花をつけるものが多く、クリーム色の花をつけるエゾシオガマをのぞけば、本州では白い花を咲かせるものは見あたりません。ところが、日本では北海道東部と礼文島に特産するネムロシオガマは、この仲間としてはただ一つ真っ白な花をつけます。まれに薄紅色の花をつけるカフカシオガマと呼ばれるものがあるそうですから、他の種類とは逆に白花が主となったのでしょう。6月に礼文島を歩くと、明るい草地に咲くネムロシオガマがふつうに見られます。
■撮影地別
 ○北海道礼文島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.18 北海道礼文島