Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ナガハキタアザミ

ナガハキタアザミ (長葉北薊)
Saussurea riederi ssp. yezoensis
 高山性のトウヒレンは、アザミと同様に山域ごとにさまざまな種類が住みわけており、アザミに比べると地味とはいうものの、くらべてみるのもおもしろいものです。ナガハキタアザミは千島列島から北海道にかけて分布するほか、早池峰山にも隔離分布するトウヒレンです。オクキタアザミの母種に当たり、オクキタアザミでは総苞片の先が細長くのびるのに対し、ナガハキタアザミの総苞片はとがるだけでのびません。早池峰山には普通にありますが、河原坊コースよりも小田越コースに多いようです。
■撮影地別
 ○岩手県早池峰山
 ○北海道大雪山

クローズアップ

群落
2005.8.17 岩手県早池峰山
            2009.8.16 北海道大雪山
Before Plant   Next Plant 2009.8.16 北海道大雪山