Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キントキヒゴタイ

キントキヒゴタイ (金時平江帯)
Saussurea sawadae
 タンザワヒゴタイが現れたあと、金時山の名を冠したトウヒレンであるキントキヒゴタイもあるかもしれないと思いながら、登山道を下っていきました。登山道が稜線からはずれる前にようやくキントキヒゴタイが現れました。タンザワヒゴタイより草丈が低く、ときにタカオヒゴタイのように葉がくびれるのが特徴です。11年ぶりに訪ねたこの時期の金時山で見つけたキントキヒゴタイ、こんどは前回よりも遅い時期に訪ねたというのに、まだ咲きはじめばかりで、なかなかうまくいかないものです。
■撮影地別
 ○神奈川県金時山


クローズアップ

■群落
2015.9.22 神奈川県金時山
          2004.9.12 神奈川県金時山
Before Plant   Next Plant