Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマウスユキソウ

ミヤマウスユキソウ (深山薄雪草)
Leontopodium fauriei
 ミヤマウスユキソウは、日本の高山性のウスユキソウとしてはもっとも分布が広く、秋田駒ヶ岳から飯豊山地にかけての日本海側の高山に生え、飯豊山地や朝日山地では大群落も見られます。私が初めてミヤマウスユキソウを見たのは、飯豊・朝日山地のようにアプローチが長くて山中泊が必須の山ではなく、かなり上部まで車で登ることができる鳥海山と月山でした。鳥海山で朝日をあびて咲くミヤマウスユキソウを初めて見た翌日、月山でも霧におおわれた登山道でミヤマウスユキソウに出会いました。
■撮影地別
 ○山形県月山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 1994.7.10 山形県月山