Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒトツバヨモギ

ヒトツバヨモギ (一葉蓬)
Artemisia monophylla
 亜高山帯から高山帯にかけて分布するヨモギの仲間は、草丈が低く大きな花をつけるグループと、ヨモギに似て草丈が高く小さな花をつけるグループに大きく分かれます。ヒトツバヨモギはこのうち後者に属するものの一つで、主に日本海側の亜高山帯の草地などで見られます。他のヨモギの仲間と異なり、葉が細かく切れ込まないのが特徴で、「一葉」の名もこれに由来します。この日、白山で見かけたヒトツバヨモギは咲きはじめで、表面の密生した微毛により花序全体が輝くように白く見えました。
■撮影地別
 ○石川県白山
 ○新潟県飯豊山地

クローズアップ

■群落
2002.8.25 石川県白山
            2009.8.8 新潟県飯豊山地
Before Plant   Next Plant