Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマクルマバナ

ミヤマクルマバナ (深山車花)
Clinopodium macranthum
 飯豊山地の稜線では、花崗岩がくだけてできた砂礫地と笹原が交互にあらわれ、砂礫地の一部はタカネマツムシソウハクサンシャジンが群生するお花畑となります。そのなかに咲く見なれない紅紫色の花に気づき、近づいてみると、ミヤマクルマバナとわかりました。花は大きく、長さ2cm前後とクルマバナの倍以上あり、いかにも高山植物らしい特徴を備えています。東北〜中部地方の日本海側の高山に分布しますが、月山や鳥海山で見たことはなく、このときが初めての出会いとなりました。
■撮影地別
 ○新潟県飯豊山地


クローズアップ

■群落
2009.8.8 新潟県飯豊山地
             2009.8.8 新潟県飯豊山地
Before Plant   Next Plant