Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミツガシワ

ミツガシワ (三柏)
Menyanthes trifoliata
 ミツガシワやアサザなど、かつて水湿性のリンドウとしてリンドウ科にまとめられていたグループは、葉が互生することや植物体に含まれる苦み成分が異なることから、現在はミツガシワ科として独立させるのが一般的となっています。ミツガシワはかつて北半球に広く分布していたらしく、この仲間の種子の化石が世界各地で確認されています。気候の温暖化にともなって分布は北に後退し、いまの日本では標高の高い湿原が主なすみかですが、京都の深泥ヶ池など一部の低地でも遺存的に見られます。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


■クローズアップ

群落
1992.6.13 群馬県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant 1992.6.13 群馬県尾瀬ヶ原