Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > マツバウンラン

マツバウンラン (松葉海蘭)
Linaria canadensis
 マツバウンランをはじめて見たのは、北陸自動車道のインターチェンジでした。ロータリーの芝生一面を薄紫色に染めていたのは、一瞬のこととはいえ、マツバウンランにまちがいなかったと思います。明るい草地を好むようで、都心では道路の中央分離帯で一面に咲く群落が見られました。北アメリカ原産の帰化植物で、外観は同属のウンランとはかなり異なり、茎は立ち上がって高さ50cmほどになり、先端に1cmほどの小さな紫色の花をつけて下から上へ咲かせていきます。
■撮影地別
 ○東京都千代田区


クローズアップ

■群落
2011.4.26 東京都千代田区
           2011.4.26 東京都千代田区
Before Plant   Next Plant 2011.4.26 東京都千代田区