Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クサギ

クサギ (臭木)
Clerodendrum trichotomum
 クサギは高さ数mになるクマツヅラ科の木本で、真夏に直径2cmあまりの花をたくさんつけます。日当たりのよい場所に生え、人家周辺でもよく見かけます。白い花と長くのびた赤い雄しべ、そして花のつけねにある赤い萼のとりあわせは、強い香りとあいまってどこか熱帯植物を連想させます。花後の藍色の果実もなかなか派手な色あいです。クマツヅラ科には、カリガネソウなど強い臭気を発するものがありますが、クサギもその例外ではなく、名前も葉をもむとにおいがすることに由来するものです。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市
 ○神奈川県横須賀市

クローズアップ

■群落
2014.7.27 神奈川県三浦市
          2003.8.30 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant