Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クリンソウ

クリンソウ (九輪草)
Primula japonica
 クリンソウは日本に自生するサクラソウの仲間としては最も大型で、大きくてみずみずしい色の葉はコマツナなどの葉菜を思わせます。山地の湿り気のあるところに生え、5〜6月に紅紫色の花を多数輪生状につけます。写真の個体は咲きはじめでまだ花茎がのびていませんが、このあと上にむかって幾段にも花を咲かせていきます。名前もそのようすから「九輪草」とついたものです。八ヶ岳の東麓では、遅い春をむかえた落葉樹林下の沢に咲くクリンソウが見られました。
■撮影地別
 ○山梨県大泉村
 ○長野県戸隠

クローズアップ

■群落
1996.6.2 山梨県大泉村
             2007.6.23 長野県戸隠
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「クリンソウ」