Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > クガイソウ

クガイソウ (九蓋草)
Veronicastrum sibiricum ssp. japonicum
 初秋の高原を彩る代表的な植物の一つにクガイソウがあります。たいていいくつかの株がまとまって生え、長いブラシのような青紫色の花穂を伸ばして花を咲かせます。花は下から上に順番に咲きあがるので、長い間花を楽しむことができます。輪生した4〜8枚の葉が幾重にも段になってつき、これをいくつも重なった蓋にたとえて「九蓋草」の名がついています。尾瀬ヶ原では湿原のやや乾燥したところに生え、中田代の竜宮小屋周辺などでは大きな群落も見ることができます。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


クローズアップ

■群落
1995.8.6 群馬県尾瀬ヶ原
             2007.8.5 群馬県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant