Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コウシュウヒゴタイ

コウシュウヒゴタイ (甲州平江帯) Saussurea amabilis
 トウヒレンのなかでも、コウシュウヒゴタイはやや変わっていて、山地の岩場を主なすみかとしています。垂直に近い岩壁に生えたものでは、写真のように、横向きに咲いているものも見かけます。分布は限られており、関東地方の西部から長野・山梨県にかけてと、なぜか遠くはなれた四国から知られています。写真でもわかるように、頭花の数は少ないものの、一つ一つは大きめなのが特徴です。葉は写真のように切れこむこともあり、このあたりは、近縁のタカオヒゴタイとのつながりを思わせます。 ■撮影地別
 ○群馬県妙義山


クローズアップ

■群落
     2005.9.18 群馬県妙義山
 
Before Plant   Next Plant        2005.9.18 群馬県妙義山