Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > キバナノカワラマツバ

キバナノカワラマツバ(黄花の河原松葉)
Galium verum var. asiaticum
 このときの登山行は十分な時間をとれたおかげで、八方尾根から入山して唐松岳、不帰ノ険、白馬鑓ヶ岳を経由して白馬岳から大雪渓を下るという2泊3日の縦走コースをとることができました。ロープウェイで一気に八方尾根を登ると、しばらく見晴らしのよい道が続きます。登山道わきの草地では、キバナノカワラマツバが早くも満開となっていました。キバナノカワラマツバは、本州中部では高山から高原にかけてのやや乾燥したところに生える植物ですが、北の地方では平地でも見ることができます。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根
 ○長野県白馬岳

クローズアップ

■群落
1997.7.19 長野県八方尾根
             2007.8.18 長野県白馬岳
Before Plant   Next Plant