Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イワナンテン

イワナンテン (岩南天)
Leucothoe keiskei
 西丹沢の林道を散策していたところ、岩壁にたれ下がって咲いているイワナンテンが見つかりました。常緑の葉は光沢があってあまりツツジ科らしくなく、ちょっとヤブツバキを思わせます。名前に「ナンテン」とつくのも、複葉ではないものの、ナンテンの葉を連想してついたものでしょう。7月ごろに枝の先端に白い花をつけますが、この写真を撮影したのは8月中旬のこと、かなり遅めに咲いたものでした。秩父地方から紀伊半島にかけての太平洋側に分布し、おもに低山の日陰の岩場に生えます。
■撮影地別
 ○神奈川県丹沢


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.8.14 神奈川県丹沢