Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒレアザミ

ヒレアザミ (鰭薊)
Carduus crispus
 ヒレアザミはユーラシア大陸原産の帰化植物ですが、なぜか長野県では高原地帯に多く、とくに林道ぞいではまるで自生種のようにあちこちに生えています。花はアザミに似ていますが、写真でもわかるように茎には「翼(よく)」と呼ばれる、表皮が変化した膜状のものがあり、先端にはトゲがところどころにあってまるでノコギリのようです。名前もこれを魚のひれにたとえたものです。江戸時代にはすでに日本にあったことが知られており、当初は観賞用に持ちこまれたものかも知れません。
■撮影地別
 ○長野県松本市


クローズアップ

■群落
2004.6.6 長野県松本市
             2004.6.6 長野県松本市
Before Plant   Next Plant