Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ゴマノハグサ

ゴマノハグサ (胡麻の葉草)
Scrophlaria buergeriana
 ひさしぶりに訪ねた川辺ではアシが一面に生いしげり、春とはすっかりふんいきが変わっていました。アシ原をすすむにつれ、アシよりさらに高く花茎をのばしたゴマノハグサが現れました。湿りけのある草原に生え、7〜8月に長さ6〜7mmの黄緑色の花を総状花序に多数つけます。ヒナノウスツボと同属ですが、あまり数が多いほうではなく、分布も関東・中部地方、九州に限られます。高山植物や園芸品種が多いこの科を代表する名前を持つとはいえ、一般に知られていない種類です。
■撮影地別
 ○茨城県
 ○山梨県山中湖村

クローズアップ

■群落
2010.7.7 茨城県
            2015.7.19 山梨県山中湖村
Before Plant   Next Plant