Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメキランソウ

ヒメキランソウ (姫金瘡小草)
Ajuga pygmaea
 ヒメキランソウの写真は出版物に掲載されることが少なく、その名前と「春の野草」(山と渓谷社)の写真から、小さな花をつけた繊細な植物というイメージがありました。ところが、実際にそれらしきものを目にすると、花はキランソウの倍近くあり、その特徴である走出枝でカーペットのように一面にひろがっていて、かなり異なる印象でした。園芸植物かと思いましたが、あとで調べてヒメキランソウと確認できました。本来は海岸の砂地に生えますが、家の庭まで進出し、実際、カバープラントにも利用されます。
■撮影地別
 ○沖縄県恩納村


■クローズアップ

群落
2005.3.15 沖縄県恩納村
             2005.3.15 沖縄県恩納村
Before Plant   Next Plant