Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒメキンセンカ

ヒメキンセンカ (姫金盞花)
Calendula arvensis
 この日はシハイスミレなど早春のスミレを撮影したあと、1週間遅れの彼岸の墓参りに向かいました。移動中の道ばたで咲いていたのがヒメキンセンカです。あざやかな黄色い花と白っぽい緑の葉の組合せはタンポポとも異なり、花の少ない時期だけによく目につきます。地中海原産で江戸時代に日本に入ったといい、年中咲くことから園芸植物として栽培されるほか、逸出した野生状態のものを見かけます。ヨーロッパでは畑の雑草だそうですから、野にあってもあまり違和感はありません。
■撮影地別
 ○東京都あきる野市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2015.3.28 東京都あきる野市