Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハシカグサ

ハシカグサ
Hedyotis lindleyana var. hirsuta
 鎌倉市内の谷戸を進んでいくと、おそらくかつては田んぼだったと思われる草地があらわれました。近づいてみると、ハシカグサが一面にびっしりと生え、小さな花を咲かせているのがわかりました。ハシカグサは湿りけのあるところを好む1年草で、よく見かけるのは水田の周辺やうす暗い登山道ぞいなどです。高さ20〜30cmほどになり、いくつもに枝分かれして直径2mmほどの白い花を葉のつけねに2〜3ずつつけます。名前からは病気の「はしか」を連想させますが、本当の由来は不明だそうです。
■撮影地別
 ○神奈川県鎌倉市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.9.11 神奈川県鎌倉市