Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハッポウアザミ

ハッポウアザミ (八方薊)
Cirsium happoense
 ハッポウアザミは八方尾根に特産するアザミで、ここではスキー場の上部から亜高山帯の草地まで普通に生えています。ところが認識されるようになったのは最近で、それまでタテヤマアザミとされていました。頭花は多くの場合、長い花柄の先端に一つだけつき、葉が細かく切れこむのが区別点です。この日の八方尾根では咲きはじめといったところでした。このあたりに特産するアザミには他に草地に生えるシロウマアザミがありますが、こちらはまだつぼみで開花していませんでした。
■撮影地別
 ○長野県八方尾根


クローズアップ

■群落
2003.8.16 長野県八方尾根
             2003.8.16 長野県八方尾根
Before Plant   Next Plant