Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハナハマセンブリ

ハナハマセンブリ (花浜千振)
Centaurium tenuiflorum
 ハナハマセンブリは帰化植物としてはめずらしく、リンドウ科の植物です。ピンク色の花というのも、平地の植物にはあまりなく目立つ存在ですが、かといって園芸用に導入されたのでもないようです。高さ30cmほどになる1年草で、6〜8月に花を咲かせます。よく似たものにやはり帰化種のベニバナセンブリがあり、花期に根生葉がないことや、対生する葉が横に開きぎみにつくことなどがベニバナセンブリとの違いといいますが、両種の区別は、ファンの間で活発な意見交換が行われるほどに難しいようです。
■撮影地別
 ○岡山県笠岡市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.6.24 岡山県笠岡市