Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハマサワヒヨドリ

ハマサワヒヨドリ (浜沢鵯)
Eupatorium lindleyanum var. yasushii
 ハマサワヒヨドリはサワヒヨドリの海岸型で、神奈川県のほか、東京都(伊豆諸島)、千葉県からも知られています。草丈が低く、茎に白い毛が多く生えるところなど、海岸型らしい特徴をそなえています。一方で、神奈川県の自生地をみると、生育環境は乾燥ぎみの散策路わきなどで、湿地を好む母種とは大きく異なっており、むしろ、小型のヒヨドリバナといった印象です。ただ、1本の葉脈から枝分かれする羽状脈のヒヨドリバナとちがい、ハマサワヒヨドリは5本の葉脈が平行して並ぶ5行脈です。
■撮影地別
 ○神奈川県三浦市


クローズアップ

■群落
2013.9.30 神奈川県三浦市
2013.9.30 神奈川県三浦市
Before Plant   Next Plant