Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ (鵯花)
Eupatorium chinense
 ヒヨドリバナの仲間は筒状花ばかりが集まった頭花からなっていて、どちらかというと地味な部類に入りますが、その一方、中国で古くから香草として珍重されたフジバカマもあり、意外とよく目にする植物でもあります。その中でもヒヨドリバナは人里付近に生え、道路の法面や水田の周辺などでよく見かけます。「ヒヨドリ」は野鳥の名前ですが、その由来ははっきりしません。花の色は白のほか、ヨツバヒヨドリに似て赤みがかったものもあります。
■撮影地別
 ○東京都武蔵村山市
 ○神奈川県箱根

クローズアップ

群落
2000.9.24 東京都武蔵村山市
             2007.8.12 神奈川県箱根
Before Plant   Next Plant 2007.8.12 神奈川県箱根