Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > カメバヒキオコシ

カメバヒキオコシ (亀葉引き起こし)
Plectranthus kameba
 この植物の名前の由来は見ればすぐにわかります。幅の広い楕円形の葉の先端がぎゅっとくびれて細くなっており、カメの甲羅としっぽを連想させるのです。秋の山地をいろどるシソ科の植物の一つで、ヤマハッカ、アキチョウジなど青紫色の似たような花をつけるものが多くある中で、カメバヒキオコシの場合は、この葉のおかげで悩むことなくすぐにそれとわかります。分布はやや限定的で、東北地方南部から中部地方にかけての山地まで足を向けないと、目にすることはできません。
■撮影地別
 ○群馬県藤岡市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.9.18 群馬県藤岡市