Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > グンバイヒルガオ

グンバイヒルガオ (軍配昼顔)
Ipomoea pes-caprae
 初めて訪ねた徳之島、早起きして白砂の海岸を散策しました。この季節ならグンバイヒルガオがあるはずと歩きまわるものの、目につくのはタイワンアサガオばかり、ようやく砂浜に群生するグンバイヒルガオが現れました。四国・九州以南に分布し、広く亜熱帯〜熱帯地方から知られています。関東地方では海流で運ばれた種子が発芽することがあっても、越冬できないために定着しません。軍配を思わせる黄緑色の葉は長さ5cm前後、光沢があって厚ぼったく、海岸植物らしい特徴をそなえています。
■撮影地別
 ○鹿児島県徳之島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2007.8.9 鹿児島県徳之島