Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾオヤマリンドウ

エゾオヤマリンドウ (蝦夷御山竜胆)
Gentiana triflora var. japonica f. montana
 エゾオヤマリンドウはエゾリンドウの高山型で、北海道と東北に分布し、高山の湿った草地に生えます。分布域は北海道のみとするものもありますが、実際は鳥海山のほか、月山や栗駒山でも見られます。きびしい自然環境のせいか、高さは母種の半分ほどにしかならず、花は先端につくだけで、葉のつけねにはつかないのが特徴です。名前からいえば、北海道に分布するオヤマリンドウの1タイプのように思えますが、そうではありません。鳥海山では七五三掛の草地でぽつぽつと花をつけていました。
■撮影地別
 ○山形県鳥海山
 ○北海道大雪山

クローズアップ

■群落
2004.8.22 山形県鳥海山
             2009.8.17 北海道大雪山
Before Plant   Next Plant