Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > チシマアザミ

チシマアザミ (千島薊)
Cirsium kamtschaticum
 チシマアザミは北海道ではもっとも普通に見られるアザミで、平地から高山まで生え、いくつかの変種も知られています。海外では千島列島やカムチャツカ半島まで分布する北方のアザミです。7月上旬、オホーツク人の集落跡でも知られる標津湿原を訪ねると、丘陵地では早くも咲きはじめているチシマアザミが目に入りました。高山に生えるものにくらべると草丈は高く、弱々しい印象でした。葉の形は写真のように深く切れこむもののほか、ほとんど前縁に近いものまで多様なことが知られています。
■撮影地別
 ○北海道標津町
 ○北海道大雪山

クローズアップ

群落
2004.7.10 北海道標津町
            2004.7.10 北海道標津町 2009.8.17 北海道大雪山
Before Plant   Next Plant