Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ワタムキアザミ

ワタムキアザミ (綿向薊)
Cirsium tashiroi
 愛知県の北東部は奥三河と呼ばれ、山深いだけでなく、豊かな自然が残された地域です。茶臼山高原道路を利用して立ち寄った面ノ木園地では、ワタムキアザミが咲きはじめていました。東海地方の山地に特産するアザミで、名前は三重県にある綿向山に由来します。アザミは明るい草地などに生えるものが多いですが、ワタムキアザミはうす暗い樹林下を好む一風変わった種類です。頭花は下向きにつき、葉は株元にまとまってつくなど、特徴がはっきりしているので、他の種類と迷うことはありません。
■撮影地別
 ○愛知県面ノ木園地


クローズアップ

■群落
2009.9.21 愛知県面ノ木園地
           2009.9.21 愛知県面ノ木園地
Before Plant   Next Plant