Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > チチコグサ

チチコグサ (父子草) Gnaphalium japonicum
 近縁のハハコグサと同じくチチコグサも身近な雑草といえますが、黄色い頭花をつけるハハコグサとちがって、チチコグサの茶色い頭花は周囲にとけこんでしまい、なかなか気がつきません。芝生などの明るい場所を好み、匐枝で横にのびていきますが、加賀海岸の海へと下る散策路では、よほど住み心地がよいのかびっしりと広がっていました。名前はハハコグサとの対比でついたものというものの、ハハコグサの由来が「ハハケル」ことによるのなら、チチコグサについてはどう理解すればよいでしょうか。 ■撮影地別
 ○石川県加賀市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.5.26 石川県加賀市