Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アズマギク

アズマギク (東菊)
Erigeron thunbergii
 佐渡島の外海府海岸にある二ツ亀キャンプ場で一泊し、次の日の朝、海岸ぞいに大野亀へと向かいました。海辺にほど近い芝地の斜面では、ところどころでアズマギクが花をつけていました。アズマギクは海岸や山地の草地に生える野菊で、全体のようすは園芸植物のヒナギクを思わせます。東国、つまり関東地方から東北地方にかけて多いことから「東(あずま)」の名前があります。かつては関東地方にも多かったといいますが、最近ではアズマギクが好む芝地の減少によりその数を減らしています。
■撮影地別
 ○新潟県佐渡島
 ○長野県菅平

クローズアップ

■群落
1995.5.28 新潟県佐渡島
              2004.6.20 長野県菅平
Before Plant   Next Plant