Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > アマギツツジ

アマギツツジ (天城躑躅) Rhododendron amagianum
 アマギツツジは伊豆半島の山地に固有のツツジで、ほかのツツジがとっくに終わった6月下旬〜7月上旬に開花する遅咲きの種類です。葉が展開してから咲きますが、直径8cmにもなる大輪で朱色の花は、うっそうと茂った林の中でもよく目立ちます。ツツジとしては大木で、大きなものは高さ8mにもなります。この日はドライブウェイを進むにつれて霧が立ちこめ、現地でも濃霧の中の花探索となりましたが、足下を埋めつくす花に気づき、見上げるとアマギツツジが満開となっていました。 ■撮影地別
 ○静岡県


クローズアップ

■群落
         2016.7.3 静岡県
 
                 2016.7.3 静岡県 2016.7.3 静岡県
Before Plant   Next Plant